05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

一周忌。

2011年 12月25日 23:52 (日)

5722167_221080622_1large.jpg
去年の12月25日、日付が変わった頃に逝ってしまったムッタン。
ママが忘れないようにとクリスマスに決めてたんだよね。

月命日は時々忘れるけど君のことは1日たりと忘れたことがないよ。

2010年4月下旬、術前検査で見つかった「悪性間葉系腫瘍」
前立腺があったところに出来てた為、手術は出来ず・・・

不特定多数の方が見てるかもしれないブログには今まで書かずにいたこと。
リアルに会ったことがない人やネット繋がりで知り合ったある人に
あることないことを言われ嫌な思いもしてきたこともあり人間不信にもなった。

小さい頃からてんかん持ち。それでも1年に1~2回の発作。
シニアに入りてんかんの発作を起こさなくなった
4才のときに心臓の検査でわかった「拡張型心筋症」
食事とお薬でうまくバランスが取れてお薬の量も一番少ない量でした。
心臓もまだまだ大丈夫で長生き出来るかもと言われてたところに悪性腫瘍。

拡張型心筋症とわかったときにたくさん泣いたので腫瘍が見つかったときは
私に出来ることをしようと前向きでした。

医食同源という言葉の通り食事のクオリティーを下げないように心掛け
ムッタン、もともとドライフードが合わなかったので生食だったところに
メディカルハーブと月1で鍼とカイロ。
ドクターからはおしっこが出なくなったら危ないと言われてたのですが
鍼とカイロのおかげで(そう信じてる)最後まで排泄は自力で出来てました。

10月には鮮血が混じった血尿をしはじめお腹の中で出血してるんじゃないかと・・・
お腹はパンパンだけどお水を抜くことは出来なかった。
それというのも瘡蓋になってるかもしれない蓋をはがしてしまうと
また出血の恐れがあるかもしれないと言うことで。

11月下旬、ついに貧血が酷くなりドクターと輸血の相談。

12月に入り貧血が酷くて倒れる
3回の輸血をした。輸血をする度に輸血の間隔が短くなる。

輸血するにもクロスマッチするので輸血開始まで時間がかかる。
輸血の回数が増えればいろんな血が混じるので血を探すのも大変だった。
大学病院なのに供血犬が少ない。
考えてみれば大きな病院だから同じイヌからは何回も取れない。

近所の大型犬のお友達に協力をお願いしたりと・・・
ムッタンの体はいっぱいいっぱいだった。
5722167_913498618_33large.jpg
去年の12月23日はムッタンの大好きなぐらんまにえさんのケーキをたくさん食べたョ。
前日22日に輸血したばかり・・・
23日はあんなに元気だったのに・・・
24日の朝にはもう起き上がれないほど貧血が酷い
朝一で大学病院へ行き輸血開始。
5722167_914357556_57large.jpg
輸血したらまた元気になると信じてた。
夕方迎えに行ったら輸血しても上がりが悪くフラフラだった。
フラフラながら最後に口にしたのが友達の手作り牛レバーだったな。

昨日は1日去年の今頃はこうだったあーだったと事細かに思い出してました。
ムッタンの生きた10才と2ヶ月は私にとって君が身をもって
いろんなことを教えてくれた大切な宝物です。
1年が早かったように思うけどまだ1年なんだね。
5722167_932015102_112large.jpg
ムッタン、ありがとう。
ずっとずっと大好きだよ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント